お得意様により効果的的な営業をするならラウンダーを活用しよう

より積極的な営業

ラウンダーは営業の一種で、直接お店に出向いて商品の販売状況や売り込み、陳列などを行い販促活動を行うといったものです。従来の営業職とは異なり積極的に末端のお店と関わることで、より高い販売力を付け、さらに情報を収集することで、問題点の発見や改善に役立てることができます。

多くのスキルが必要

男性

コンサルティング経験

既存顧客のサポートを中心として行う事が仕事であるラウンダーに求められるスキルは、コミュニケーション能力や企画力、提案力、分析力などです。既存の取引顧客を訪問し、自社製品の販売状況を常にウォッチし、販売件数を伸ばすための策を店と一緒に考えることが仕事です。しかし信頼がないと店には受け入れられてもらえません。ビジネスマナーなどはもちろんのこと、問題解決に対するスキルなども持っている必要があります。コンサルティングなどを経験しているスタッフを採用することが最も効率の良い方法となります。新規採用や部署異動でラウンダーの数を増強することもできますが、もともとスキルを持った派遣スタッフを雇用することも一つの方法となります。コンサルティングスタッフの経験などを通じて派遣スタッフを採用することで即戦力を手に入れることができます。コンサルティングは一社が独占して行うことに対してラウンダーは、他社のラウンダーが存在するというライバルがいる大きな違いがあります。自社の製品を販売してもらう提案は有効ですが、他社のラウンダーも同様の営業をかけています。そのため、一番に必要なスキルは信用されることに尽きるのです。時間をかけてこのスキルは定着することになります。そのため、派遣スタッフでのネックである短期間雇用ではなく、長期間雇用をできる人をアサインすることも大事なポイントとなります。人間的魅力など他のスキルを持ち合わせているとなお可です。

小売業で大事な売り場支援

お客相手の小売業で大事なのは売り場です。商品の売上げが落ちたり、集客力が伸びない場合はラウンダー派遣会社に依頼します。ラウンダーは売り場へいって店員や商品陳列をチェックし、企業へ報告します。それを元に売り場の改善をします。店頭販売やイベントの開催もラウンダーが行い、棚卸しのサポートなどもします。

攻めの営業で売上アップ

ラウンダーは、得意先を定期的に巡回して自社製品の売上を調査し、さらなる販売促進活動を提案する専門職です。高いレベルの企画力や情報収集能力が要求される仕事です。有能な人材を確保するには、派遣サービスを利用するのが便利です。